花の慶次(続々)

| 美味しいもの |

花の慶次の酒

花の慶次のお酒が発売された話の続きです。

今回のお酒は、前田慶次 四百回忌記念酒の販売という話です。

創業410余年(慶長2年・1597年)米沢藩・上杉家御用達酒蔵 株式会社小嶋総本店が今回販売した、前田慶次 四百回忌記念酒 『風流仕候』 がかなり話題です。

話題のお酒の話を、そのホームページの作成元のアイティーラボが、そっと教えます。

箱の上から見た慶次の酒

上から見ると、花の慶次 純米大吟醸の文字が見える。

純米大吟醸は、小嶋総本店で最も上品で気品あふれるお酒。なんと、小嶋総本店では、隆慶一郎、原哲夫、麻生未央のプロダクションに何本ものお酒を送り、それを飲んでもらって、もっとも慶次に似合った酒を選んでもらったのだそうだ。

この純米大吟醸こそ、慶次にもっとも似合ったお酒ということで、今回限定1000本が準備された。

右から見た慶次の酒

右から慶次の酒を見ると、慶次が左手で杯をもっている。まさに一献である。

左からみた慶次の酒

左から慶次の酒を見ると、鎧の袖と彼のトレードマークのキセルが見える。

3本セットの慶次の酒

3本セットになると、まさに、慶次がキセルを持ちながら、一杯飲んでいるシーンになる。

慶次の酒の裏書

箱の裏面には、前田慶次 四百回忌記念酒であることが、記されている。

慶次の酒の裏側

飲んでしまうのがもったいないようなお酒だが、まず、慶次の気持ちになった、飲んでみてはいかがだろうか。このパッケージをとっておいて、小嶋総本店の「東光 純米吟醸酒」をいただいてみるのもいいだろう。

なんと花の慶次のお酒は、Yahooの販売店でも評判になり、1日で、500本も売り上げてしまい、現在、蔵元にも在庫がない状況だ。

米沢市内の小嶋総本店のお酒を扱っているお店でも、ほとんど売り切れているようだ。

通信販売を行っている東光の酒蔵でも、19日の夕方からネットショップに公開したのに、20日には、売り切れてしまった。

このままでは、6月4日に行われる四百回忌にお酒がなくなってしまいそうな状況だ。

朗報を一つ、お客様からの要望に対応して、100本だけ、東光の酒蔵で予約販売する。お届けの時期は5月16日を予定しているそうで、慶次ファンには、ラストチャンスになりそうだ。

数に限りがあるお酒のため、プレミアムが付くことは必死だ。


社長ブログ・ランキングに参加しています。よろしければクリックを!!

にほんブログ村 経営ブログ IT社長へ  人気ブログランキングへ

プロフィール

今泉 孝
(いまいずみ たかし)

僕の住むカテゴリーはどこだろうって思っちゃいます。
SEの仕事をしてるから、SEなのかな?ITなのかな?。
そんな事関係なく、のんびり言いたい事を書いてます。

高校時代はサッカーに明け暮れ、大学ではテニスに没頭。現在はジュニアのテニスの指導を行う。日本体育協会公認テニス上級指導員,Wilsonアドバイザリースタッフ,米沢市テニス協会理事

最近のコメント

カレンダー

2016年8月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031