» 2012 » 8月のブログ記事

満月に近い

ラジオで、満月に近い月っていうから、撮ってみたけど、うーむ、満月に近いとは思えないけどなあ。

8月31日、今日は、満月に近い日なのか?

ラジオでは、今日で、1年の2/3が終わったと言う。そっちの方が、ショックだ。

もう、2/3が終わってしまうのだ。

今年こそは、なんて、誓った正月から、2/3。今年中に何をするんだっけ?もう一度、考えておかないと、間にあわない。


社長ブログ・ランキングに参加しています。よろしければクリックを!!

にほんブログ村 経営ブログ IT社長へ  人気ブログランキングへ

天下鯛へい

| ひとり言 |

天下鯛へい

お客様から、お土産を頂戴した。

なんと、『天下鯛へい』なるお菓子だ。

その名前を見ながら、なんか、幸せな気持ちになる。鯛は、めでたい時に食されるもの。そんなイメージが大きい。

その鯛を、お菓子にして、この命名だ。

商品は、名前も大事だなあって思ってしまう。

売れる商品は、単においしいだけではなく、その名前も、結構大事だ。


社長ブログ・ランキングに参加しています。よろしければクリックを!!

にほんブログ村 経営ブログ IT社長へ  人気ブログランキングへ

久々にブログを、開いてみた。

どうも、ブログって奴は、元気のいい時に書くものらしく、元気がないときは、筆が進まないらしい。

それでも、地球は回っているし、仕事は動いている。

社長なんて言っても、社員が8名の会社。僕が落ち込んでいても、他の人たちは、毎日、粛々と仕事をしている。それで、いいのかというと、決してそうではなくて、元気を社員に与えるのは、社長の役目だから、しっかりと元気を上げなきゃならないと思う。

ただ、小さいときから、日記を書いては、長続きしない僕の性格が、今回、わかった。

そうか、元気がなくなると、日記を書けなくなるんだ。

ブログ(日記)の更新の回数は、元気の回数らしい。

と言いながら、写真の回数だけは、そこそこ、残っていて、その時考えたことも踏まえて、過去のブログに追加してしまおう。この、書き方がブログとしていいか、悪いかわからないが、まあ、僕流でいいことにしよう。

そろそろ、元気出さないと、社員に怒られそうだ。


社長ブログ・ランキングに参加しています。よろしければクリックを!!

にほんブログ村 経営ブログ IT社長へ  人気ブログランキングへ

鬼やんま

『おにやんま』って知ってる?

でかいトンボで、子どものころは、こいつを捕まえることは、結構、男の子の中では、自慢だった。

おにやんまを糸で結んで、飛ばしたりした。今、考えると、とんでもないかわいそうな話だけど、このトンボは糸でむすんだくらいでは、まったく気にせず、空を飛んでいくのだ。

その『おにやんま』が、なんと、会社のそばにいた。

ちょっと、びっくりした。

の続きを読む »

昨日、8月16日に旅立った親友の初七日に、お線香をあげに言った。

その時に、亡くなった親友の娘さんから、このブログを見たということを聞いた。

えっ、と驚いたのと、確かに亡くなったしまった友人のことであり、僕の他の友人たちに、知らせなきゃってこともあって、実名が入っていたりしたから、大変失礼なことをしたと、すぐに思った。

僕のこのブログは、毎日の日記。本音を書いてある。ただ、自分以外は、実名を書くことはなかった。ただ、●●君とは、書けなかった。今回だけは許してほしい。

彼女は怒っていなかった。
「父のことを書いていただいたのが、うれしかった」
と言ってもらえた。

空へ旅立つ友よ。勝手なことを書いてごめんね。

お詫びではないのだが、病床での齋藤の気持ちを歌った曲じゃないかと思う曲を紹介したい。

実は、これを聞きながら、「きっと、齋藤はこんな気持ちだったんだよね。」って、僕が、泣いていた曲。

柴田淳の「君へ」 という曲。

youtube にも、あるので、聞いてみて欲しい。

「今泉、お前、わかっているじゃん。」と齋藤は言うと思う。


社長ブログ・ランキングに参加しています。よろしければクリックを!!

にほんブログ村 経営ブログ IT社長へ  人気ブログランキングへ

齋藤吉朗の遺影

親友が、8月16日に亡くなった。がんだった。初七日が今日。

友人達から預かって供養のタオルのお花を贈ったが、少し、お金が残ってしまった。
「初七日に、残ったお金でなにか、お供えを買って、お線香を上げてくるな。」
「お前が、一番近くだから、よろしく、頼む。」

家が近いとか、遠いとかじゃなくて、親友のことだから、当たり前なんだけど、タオルのお花も、今回の花のろうそくも、僕のセレクション。

最後の、最後まで、友達や家族にやさしかった、彼に、僕が選んだ。

遺影は、何故か、タキシードに立ち襟だ。

の続きを読む »

耳ふたぎ

| ひとり言 |

赤湯est

『耳ふたぎ』ちょっと、なまっているかなあ。「耳ふさぎ」かな?耳をふさいでしまうってことかな。

昨日、齋藤吉朗の葬儀の後、同僚が突然、「”耳ふたぎ”に行かなきゃならないぞ。」と言う。

何のことか、わからなかった。山形県の県南、置賜地方。特に、西置賜、長井市あたりでは、昔から言われていることらしい。

同僚が死んで、葬儀が終わったら、もう、こんなことが同僚からおきないように、こんな話が聞かなくていいように、『耳ふたぎ』 耳をふさいでしまうという厄払いをするのだそうだ。

同僚で、葬儀の後、故人の思い出を話して、もうこんなことが起らないように祈るんだそうだ。

そういうことならと、『耳ふたぎ』 に齋藤吉朗の生まれ故郷の赤湯に葬儀の後、やってきた。

の続きを読む »

お葬式

| ひとり言 |

葬儀

齋藤吉朗が8月16日に亡くなった。その、知らせが来たのは、8月17日のお昼、共通の友人からの電話だった。

そんな話は聞いてないと、自宅に車を走らせた。自宅には、提灯もなにもなかった。こりゃあ、ガセねただなって思って帰った。

会社に戻ると、彼の勤務先の舟山病院から電話が来た。訃報だった。それから、今日まで、彼との思い出が頭を駆け回ったいた。そして、今日、彼の葬儀が行われた。
の続きを読む »

夕焼け

きれいな夕焼けだ。

仕事をしながらも、友人たちへの電話や、連絡で一日が終わろうとしていた。

昨日、高校の同級生の親友の訃報を聞いて依頼、あいつは知っているだろうか?確か、こいつは友達だったはずだ。

今、彼にしてしてあげられることは、より、多くの友達に彼の死を知らせてあげること。そして、いっしょに冥福を祈ってあげること。

と、わかっていても、なかなか、頭が混乱していて、動きが悪い。

もう、我が友は、この夕焼けを見ながら、天に、向かっているんだろうか?

弔辞を引き受けたのに、どうも、筆がすすまない。とりあえず、思い出をどんどん、パソコンに打ってみたのだが、文章にならない。

の続きを読む »

同級生がなくなった。

斉藤吉朗。長井高校時代からの友人だ。信じられない気持ちだ。

彼は、高校時代よりも社会人になってからの、付き合いが大きい。だから、ショックも大きい。懐かしい人ではなく、今、ここで語りあい、励ましあってきた人だから、ショックだ。

告別式は、8月20日午後2時

ナウエルホール中田 米沢市中田町393


社長ブログ・ランキングに参加しています。よろしければクリックを!!

にほんブログ村 経営ブログ IT社長へ  人気ブログランキングへ

プロフィール

talk by
『俺ンジ・レンジ』

僕の国籍はどこだろうって思っちゃいます。
仕事をしてる国、テニスをしてる国、サッカーをしてる国、ゴルフしている国
どの国に行っても、なんの関係もなく、のんびり言いたい事を書いてます。




最近のコメント

カレンダー

2012年8月
« 7月   9月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031