素敵なメール

| テニス |

昨日の午後、僕は、まだ仕事で福島にいて、新しいシステムのテストや、打合せでぎっしりだった。

まあ、月末の土曜日。4月から動かすシステムのテストを行っていたのだ。

そんななか、うれしいメールがやってきた。

「コーチ、SFに勝って、1時から、Fです。」

テニスを教えている、教え子からのメールだ。教えているなんて言っても、最近は、なかなかコートに行くこともできず、僕の教え子っていうより、どんどん、いろいろなコーチから教わっている子だ。

時計も見るとまもなく、1時。仕事中に、メールを出すわけにもいかず、どきどきしながら、いい結果が来ることを祈った。

15時半。写真いりのメールが届いた。

「優勝しました。
SFも2-1。Fも2-1だったので、疲れました。」

教え子が、賞状を持った写真が添付されてきた。あのね、疲れましたって、すごいことなんだぞ。東北のチャンピョンなんだぞ。

まだ、幼かったころ、この子は絶対、強くなると言っていた。とにかく、足が速い、そして、反応が早い。瞬発力は半端じゃなかった。

もちろん、どんなに素質があっても、努力なしでは、上には行かない。

そして、それを理解してくれる家庭がなければ、試合にすら出られない。

君は、すばらしい才能を持っていたし、そして、それを理解してくれる、家庭もあった。まだまだ、先は長い。これから、もっとすばらしい選手になって欲しい。

みんなの手本になる選手になって欲しい。

送られてきた、賞状を持つ、少女は、昔、この子は絶対強くなると言ったころの小さな子ではなく。自身に満ちた少女になっていた。

僕は、そんな子を指導できたことをうれしく思った。

こんなに、ハイな気持ちになっているのに、仕事はというと、そうそうハイにはならず、結局、こんなに遅くなった。明日も仕事だ。あああ、ジュニアを見つけるような目で、部下も探さなきゃいけない。

そっちの能力は僕にはないらしい。


社長ブログ・ランキングに参加しています。よろしければクリックを!!

にほんブログ村 経営ブログ IT社長へ  人気ブログランキングへ

プロフィール

talk by
『俺ンジ・レンジ』

僕の国籍はどこだろうって思っちゃいます。
仕事をしてる国、テニスをしてる国、サッカーをしてる国、ゴルフしている国
どの国に行っても、なんの関係もなく、のんびり言いたい事を書いてます。




最近のコメント

カレンダー

2019年12月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031