血圧の薬

| ひとり言 |

血圧の薬を飲んでいる。かれこれ、3年くらいになる。

飲む前は、100~150位になるので、まあ、それでも、そんなに高いわけではないから、ほっておいたのだけど、お医者さんに、なかなか下がらないから、弱い薬を飲みましょうって言われた。

すると、体っていうやつは素直なもので、85~135位で安定している。

それ以来、ずっと飲み続けている。すごいなあ、薬ってと思う。

2ヶ月に一回の検診と、その間の1ヶ月に薬だけを処方してもらう。

最近は、余分な薬を出さないらしく、次回の診察までの分のみ、薬を処方してくれる。

今月も1月22日に診察に行くのだが、前回もらった一ヶ月分の薬がなくならない。ようやく明日の分でなくなるのだが、きっと、10日以上、薬を飲むのを忘れている。

それでも、薬は、適当に効いているらしく、血圧もあんまり上がらない。

とりあえず、12日分くらいの薬の処方をしてもらいに行くけど、きっと、かわいい看護婦さんに、叱られるに違いない。

「ちゃんと、薬は飲んでください!!」

1週間くらい、かわいい看護婦がいる病院に入院したいと思うのだが、どうも、そんな訳にもいかないらしい。

「元気な人は、入院できません。」と言われるだろう。病気かどうかと元気がいいかどうかは僕は違うと思うんだけど、お医者さんは、「元気そうですよね。」といつも僕に声をかける。

僕には、かわいい看護婦さんが必要なんだけど、誰もそれはわからないらしい。

社長ブログ・ランキングに参加しています。よろしければクリックを!!

にほんブログ村 経営ブログ IT社長へ  人気ブログランキングへ

プロフィール

talk by
『俺ンジ・レンジ』

僕の国籍はどこだろうって思っちゃいます。
仕事をしてる国、テニスをしてる国、サッカーをしてる国、ゴルフしている国
どの国に行っても、なんの関係もなく、のんびり言いたい事を書いてます。




最近のコメント

カレンダー

2019年9月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930